CARD PRO SHOP アリオン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ライオウが3枚使えたら

ちわ。
2度目の登場、フカチェンコです。




ライオウ
《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》
効果モンスター(準制限カード)
星4/光属性/雷族/攻1900/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、
相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。


2013年3月に謎の準制限となったライオウ。
誰もが「?」となったはずです。

基本、どのカードゲームでもそうですが、制限や禁止の対象となるカードは、環境の停滞を防ぐ為に行われ、停滞する原因となったデッキの核を対象にします。
この事からも、ライオウの準制限は本当に謎です。

でも、何かしらの理由があるはずです。
先に挙げた理由を逆に考えてみると、どのデッキに対してもメタカードとして刺さりやすい。
ていうのが、準制限となった理由かもしれません。

まあ、色々考えても本当の理由はコナミさんしか知りません。


2013年3月以降どんな環境になったか。
言わずと知れた、3月以降の新弾のパックに収録された新カテゴリ「魔導」「征竜」の2強時代です。

この2強に対しては様々なメタカードがあります。
魔導に対しては、
・王宮の鉄壁
・闇のデッキ破壊ウイルス
・ドロール&ロックバード
・魔女狩り
などなど

征竜に対しては、
・王宮の鉄壁
・ソウルドレイン
・御前試合
・群雄割拠
・増殖するG
などなど

こんな感じで、様々なメタカードがあります。

この2つのデッキの共通な強い動きとして「サーチして手札に加える」が挙げられます。
前述で挙げたメタカードでこの動きを止められるカードはドロール&ロックバードぐらいです。
しかし、征竜相手にドロール&ロックバードをサイドから入れるかって言うと、入れませんよね。
しかも、ドロール&ロックバードは特性上その場凌ぎにしかならず、次の返しで終わるっていうのがあります。

ドロール&ロックバードが今の環境のメタカードとして弱いという訳じゃなく、ライオウと比べると、個人的にライオウの方が使えると思ってます。


ライオウが大活躍するはずの現環境で採用されなくなったのは、準制限になったからでしょうか?


まだまだライオウは使える子だという理由を語りたいのですが、疲れたので今日はココまでw


では。



スポンサーサイト

| ★カード情報 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://gareariizumo.blog54.fc2.com/tb.php/1442-e3320cce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。