CARD PRO SHOP アリオン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

遊戯王「新制限発表(リミテッドレギュレーション)」

こんにゃく!!プロアングラーのフカチェンコですw。


最近、本当にテニスと釣りばっかりしてます。
たまに、サッカー観戦。
今度の土日もサッカー観戦で岡山行きます。

釣りはシーバス(スズキ)かイカ釣りですね。
シーバスはめちゃくちゃ面白いです!!
シーバスが釣れた時の闘いがかなり熱い。
長い時は10分ぐらい戦ってます。
それぐらシーバスは引き強です。
昨日は、平均50センチぐらいのを8匹です。
50センチは小さいサイズだそうです。

シーバスやってる人がいたらフカチェンコに声かけてね。



はい!この時期の遊戯のメインイベントと言えば「新制限」の発表ですよね。
更に、8月といえば私の誕生した月でもあります。めでたいですねw


皆さん、新制限リストを見てどう感じられました?

自分的にはなかなか面白く、バランスのとれた新制限だと思います。
まあ、人によっては「えっ!」「マジっ!」「はっ!」「ほえ~!」などなど、色々感じられたと思います。


ってな事で、新制限リストを見ていきながら、来期の環境について書きますね。


【新禁止】
「炎征竜-バーナー」
「水征竜-ストリーム」
「地征竜-リアクタン」
「風征竜-ライトニング」
「魔導書の神判」
まあ、しょうがないよねって感じで。

【新制限】
「A・ジェネクス・バードマン」
「ゼンマイシャーク」
「No.11 ビッグ・アイ」
「氷結界の龍 トリシューラ」
「水精鱗-ディニクアビス」
「立炎星-トウケイ」
「超再生能力」
「霞の谷の神風」
「アビスフィアー」
シャークは、海外であるデッキが暴れる準備が・・・・終了。

【新準制限】
「カオス・ソーサラー」
「剣闘獣ベストロウリィ」
「N・グラン・モール」
「冥府の使者ゴーズ」
「炎舞-「天璣」」(「炎舞-「天キ」」)
「黒い旋風」
ベストロと言えば、マツD選手。

【新制限解除】
「ゼンマイマジシャン」
「月読命」
「E-エマージェンシーコール」
「高等儀式術」
「強欲で謙虚な壺」
「スケープ・ゴート」
「名推理」
「聖なるバリア-ミラーフォース-」
お帰りエマコ。

何と言っても、今回のサプライズはトリシューラの復活ですね!!
まさか、トリシューラが禁止になって売っちゃた人います?
アドバイスとして、今後は禁止になったカードは売らない方がいいですよ。
売る人も、買う店も一切得する事無いから。


問題はココから、
「新環境」
遊戯王休止宣言する人を多数だしたデッキ「魔導」「征竜」が、今回の制限改訂で一気にパワーダウン。
特に「征竜」の子征竜禁止はかなり痛いですね。

新環境の初めは何が暴れるか?
今考えれる候補は4つ、

①オピオン
今回の改定ノータッチデッキ。
しかも、このデッキに関しては、前環境のときより強い構築ができます。
構築に関してはまた今度いつか・・・・いつか。

②マシンガジェ
個人的に一番有力デッキと思ってます。

③マーメイル
フィアーが制限になっちゃいましたが、その部分に罠入れればいいだけですから、問題無しで強いと思います。
自分が構築するならフィアーの2枠に二重召喚入れますね。
ディニクに関しては、以前日本で流行ってた時に入って無かった(海外先行カード)ので一切関係なし。

④征竜
未知です。
子征竜が禁止になったので以前よりパワーダウンはしますが、親征竜が全て使えるので構築次第で十分戦えるカテゴリだと思います。
現段階で、子征竜の枠候補として、シャドスペに収録された幻木と水が面白いですね。
参考レシピをご紹介します。
モンスター(32枚)
焔征竜-ブラスター×3枚
巌征竜-レドックス×3枚
瀑征竜-タイダル×3枚
嵐征竜-テンペスト×3枚
幻木龍×3枚
幻水龍×3枚
ガード・オブ・フレムベル×2枚
デブリ・ドラゴン×2枚
ドラグニティ-コルセスカ
トラゴエディア×2枚
増殖するG×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
金華猫×2枚

魔法(8枚)
大嵐
死者蘇生
七星の宝刀
封印の黄金櫃×3枚
ブラック・ホール
月の書

罠(14枚)
ブレイクスルー・スキル

エクストラデッキ
炎魔竜 レッド・デーモン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
閃珖竜 スターダスト
鬼岩城
氷結界の龍 トリシューラ
幻獣機ドラゴサック×2枚
No.11 ビッグ・アイ
No.74 マジカル・クラウン-ミッシング・ソード
神竜騎士フェルグラント×2枚
聖刻神龍-エネアード
このデッキの弱点はオピオン。
メインでは全く勝てないと思います。ぐはっ。

次点として、ドラグ・カラクリ・HERO・インフェ・4軸炎星などにもチャンスがありありですね。

オピオン・マシンガジェ・マーメイルに関しては力関係が三角形になってるので、征竜や次点デッキ次第で今後が楽しみな環境になりそうですね。

ここまで挙げたデッキは今まで活躍してたデッキばかりで、ちょっと面白く無いと思った人にアドバイス。自分が今一番注目してるのは「マドルチェ」です。
マドルチェと言えばアルス選手ですねw
ですので、アルス選手にお任せします!(六武衆使わないで)


ここまでたくさんのデッキにチャンスがあると困るのがサイドデッキの構築です。
続いてサイドデッキについて書きます。
「サイドデッキ」
魔導・征竜の2強時代はサイド作りが楽でした。
それも終わり、新環境になる始めの頃は何が来るかわからないのが当たり前。
予想してターゲットを絞ったサイド作りが環境初めは一番危険な行為です。
そこでオススメしたいのがこのカード。
《デビリアン・ソング/Stygian Dirge》
デビリアン・ソング
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
相手フィールド上の全てのモンスターのレベルは1つ下がる。

このカードは、この記事に挙げたデッキタイプ全てに一応刺さるエクシーズ・シンクロのメタカードです。
後攻サイドゲームではあまりオススメできないですが、先行サイドゲームではかなり良い仕事してくれます。
サイクロンで終わりって言い方される時もありますが、永続系はサイクロンに弱いのは当たり前。
ですが、サイクロンに弱いからこそのメリットもあり、例えば、敢えてデビリアンにサイクロンのターゲットにする、っていう使い方もできます。
まあこの手の「○○に弱い」と言う話はカードゲームにおいて面白く無いお話なのでここまでにします。
環境が落ち着くまではデビリアン・ソングを3枚サイドに採用しても良いと思ってます。


最後に、サイドチェンジしながら調整する時のアドバイスをさせてもらいます。
「サイドゲーム」
MTGと遊戯王は、サイドデッキを使用したサイドゲームがあります。
これが大会を勝ち抜くために非常に重要なデッキで、この部分に時間を使ったほど勝率が上がると言ってもいいでしょう。
「○○を相手の時の先行(後攻)サイドゲームの時は○○を抜いて○○を入れる」
っていうふうな事は誰もが考えますよね。
ここでアドバイス。
サイチェンする時に、相手のメタカードを初手に1枚ある状態で調整する(サイクロンや大嵐はダメ)。
これは、自分が昔MTGの調整してる頃にやってた事で、メタカードの強い使い方・正しい使い方などを見つけるために非常にいいです。
サイチェンしながら調整する時に、相手のメタカードを一切使わずに勝ったというのは調整段階ではあまり意味がなく、サイドの構築に誤解を招く錯覚を起こします。
大会では、そのメタカードが必ずドローできるわけじゃありませんが、サイドに入れると言う事は、そのカードが手札にある事を前提に採用してますので、そのカードの強い使い方・正しい使い方がわからなければ意味がありません。
毎回初手にある状態ではリアルじゃなくつまらないかもしれませんので、たまにやってみて下さい。


この記事がUPされる頃には各地で新制限を採用した非公認大会が行われ、色々な情報が出てると思います。
何が勝ってるか楽しみですね。


おっと、最後に自分はマシンガジェを考えてます。
脳内構築は完成w
後は実戦調整ですね!
マドルチェはパーツだけある状態。


今日はココまで。


では。



スポンサーサイト

| ★カード情報 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://gareariizumo.blog54.fc2.com/tb.php/1480-4df68785

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。